Shooting in the field

カメラホルスターを使っての撮影アイテムとフィールドの紹介

開発の裏にプロカメラマンとの出会いあり、今日は神戸のフォトグラファー後呂さんです。

はいおやびんです。

新製品の開発には様々の方々の協力を頂いています。

開発した商品に対してご意見や使用した感想を聞かせて頂くのも重要な事なんです。

 

 

今回はクラブハウスで縁ありまして仲良くさせて頂いたフォトグラファーの後呂健児さんに我が社Icarryの本拠地にお越しいただきました。

後呂さんは神戸

でスタジオを主として人物の表情から魅力を引き出す素晴らしい写真家です。

彼のFacebookにある自己紹介の文章に

「写真でお金とは別の資産を作りましょう」

ってあるのですけどこれって名言だな~とおやびん思っています。

f:id:oyabi--n:20210617135441j:plain

 

ほら、かなりいい感じでおやびん写っているじゃないですか?

後呂さんとはクラブハウスでお話させて頂き、私達が主としている商品技術のコンセプトにとても理解され、新しい意見を頂くなどとても仲良くして頂いていました。


その後呂さんが会社に来られるのだからとても嬉しいです。

 

声だけのコミュニケーション、クラブハウスでのイメージはとても礼節に長けて落ち着きのある方だなと感じてました。

 

実際にお会いしてそれは間違ってないと感じたのと、男ぽさの中に艶の様なものを感じます。

折角、来ていただいたんですからもうすぐ新発売かもの新製品から、企画になる前の試作品まで二人で新しいオモチャを見せ合いの様にデスカッションを楽しんでいました。

 

やはり現場で活躍されているカメラマンのお話は貴重で為になります。

アマチュアカメラマンと違いは撮れた、では無く与えられた時間と場所の中で心に残る写真をいかに撮れるのかがプロなのだなと感心しきりです。

インダクションキャッチも今度発売予定のストラップも、実際に使って頂いてこのレンズならば・・・この現場にはとかこんな感じなど状況によって使い方を変えることが出来るなどと話が止まらずあっという間に時間がたちます。

じつはその時に何気なく撮って頂いたインダクションキャッチと、おやびんの私物カメラですがなんか凄くないですか!!

 

仕上がりが渋い。

なんだか冒険者の道具みたいな趣がある仕上がりになってますよ。

 

f:id:oyabi--n:20210617135446j:plain


良いカメラを購入したおやびんではありますけど、まだまだ記録の様な写真しか撮れていません。

でも後呂さんの写真は人を喜ばす何かがあります。

その辺の何かを学びおやびんも商品にそれを練りこんでいきたいですね。

 

 そんな、艶のあるカメラマン後呂さんも参加することもある電塾さんの勉強会におやびんが講師として参加しますよ。

 

実はカメラはほぼ素人ですが磁石のと商品開発の事を少し話が出来ますのでご興味あれば覗いてみてください。

 

磁石ってどんな風に作っているの?
どんなところに使われているの?意外な活躍場所なんて話して行こうと思っています。
あなたの雑学が増える事は間違いなし。

www.denjuku.org