Shooting in the field

カメラホルスターを使っての撮影アイテムとフィールドの紹介

カメラの落下を軽減するカメラホルスターは磁力誘導のインダクションキャッチtypeCだけ!!(2019年発売)

ホームページの作製が間に合っておらずご迷惑をおかけしています。
ホームページ開設までこのブログをよろしくお願いいたします。

 

 

三脚にカメラホルスターで

ありがちなミスがカメラの落下事故です。

夜景を撮りに行って手元が見えなかったり、寒い冬でグローブをつけてのセッティング

トレッキングの帰り道疲れて、入れたつもりがカメラの落下で一日の気分が台無し。

f:id:oyabi--n:20200107212536p:plain

インダクションキャッチはtypeCは

過酷な環境でもシャッターチャンスを逃させないをモットーに開発した、磁力誘導型カメラホルスターです。

 手元が見えない暗闇の中、足場の悪い山岳路、人混みの中など、日常から冒険まで素早く撮影するだけでなく、磁力誘導によるカメラの落下軽減が特徴です。

 f:id:oyabi--n:20200102192601p:plain

 

このインダクションキャッチ実は数多くのガジェットやプロダクツ系商品を世に出してきたクラウドファンディング Makuakeで目標額の3倍を叩き出した人気商品です。

 

f:id:oyabi--n:20210414101515j:plain

 

インダクションキャッチにしかない3の特徴

  1. 手元を見ずに脱着可能な磁力誘導
  2. 脱着が片手で全て完結できるワンハンドシステム
  3. 45度毎に角度調整できる装着機能 

 

最大の特徴は磁力誘導

f:id:oyabi--n:20200104235949g:plain

手元が見え無い暗闇の中、手の感覚が無い厳冬期であっても、近くに寄せるだけで

誘導され、カチッと音が鳴り軽く押し込むだけでロックが掛かる安全設計です。

世界最大の磁力を持つネオジム磁石を搭載しながらも、磁力を最大限に封じ込める設計がなされています。 

実際に試験運用した磁力誘導が有効なフィールドロケーションとは

  • 夏の暑さが激しい山岳トレッキング
  • 揺れるカヌーでのナイトカヤック
  • 手元も見えない冬の夜景撮影など

  f:id:oyabi--n:20200102183308j:plainf:id:oyabi--n:20200102192341j:plain

 

 

片手で完結できるワンハンドシステム

 

f:id:oyabi--n:20200108132803g:plain



 屋外に限らず、片手で撮影をする場合は意外と多いものです。

トレッキング用のストックを持ちながら、不安定な体を支えながら、とっさの撮影をスムーズに拳銃の抜き撃ちみたいに被写体を捉える。

操作も至って簡単、ベース部分にあるレバーを180度回すだけでセーフティの解除が可能です。

セーフティが解除されても、磁力による簡易固定がされていますので簡単に落ちることはありません。

 

 

 




45度毎に角度調整できる装着機構

f:id:oyabi--n:20200108132812g:plain


カメラレンズを使用される方のベストにセッティングが出来るように45度ずつ角度調整ができます。

腰ベルト・リックのベルト・たすき掛けなどあるゆる箇所につけてもレンズが真下に固定できるのが特徴なのがインダクションキャッチです。

 

取り付け角度が45度90度でも取り付けは可能ですが、カメラの重さに耐えられず反時計回りの場合、カメラ本体が回転し取り付けネジの緩みにつながってしまうのでお勧めはしていません。

 

ベース部分を固定するためのつまみを押し入れる事で回転を止めています。

f:id:oyabi--n:20200407221213j:plain

ですが、ベルトから離す際には、このつまみは爪が入りにくく出しにくいです。

実はこれ、意図して出しにくくしています。

なぜなら、ここが緩みますと、ベース自体が固定されませんのでカメラは左右に揺れます。

カメラが反時計回りに揺れますとネジが徐々に緩みます。

そして落下・・・

カメラはなるべく揺れない方が良いのです。

 

基本機能

f:id:oyabi--n:20200107162058j:plain


大きな特徴を3点挙げましたがカメラホルスターとしての機能も充実しています。

 

 

 幅広い取り付け箇所

f:id:oyabi--n:20200107162040p:plain

  • バックパックのショルダーベルト

  • 安定しやすいウェストベルト
  • ベース部分を切り離しクイックシューとして
  • 角度を変えれば斜め掛けショルダーベルトへ

 取り付けは簡単

 

 

 クイックシューとして 

 

f:id:oyabi--n:20200107162054j:plainf:id:oyabi--n:20200107162050j:plain

  • ベース部分は雲台と合わせる事で磁力誘導のクイックシューと使えます。
  • カメラ側に付くユニットの両サイドはアルカスイスの規格になっており対応雲台には直接取り付けが可能です。
  • カメラ側ユニットはビデオ用回り止めがつけられています。  

 

 

仕様

サイズ:L 83.4×W 116×H 42.5 (㎜)
重量 :全重量約175.7g
素材 :アルミ+プラスチック樹脂
生産国:東大阪(日本)
同梱品:取り扱い説明書
対応カメラ:コンパクトデジタルカメラ、ミラーレス一眼レフカメラ、 一眼レフ、家庭用ビデオカメラ

 

 

 

よくある疑問

 

 

Q:データへ磁力の影響はあるのでしょうか?

A:フラッシュメモリは磁性体を使用していないため、磁石の影響は受けません。但し、磁気を記録媒体にした、キャッシュカード、クレジットカード、ペースメーカー等磁気の影響を受ける製品には直接本体に接触させない方がいいでしょう、誤作動の原因となります。

 

Q :電子機器への影響はありませんか?

A:カメラに最も近い部分の表面磁束密度は20mT~程度で外部表面から5mm離した場合の磁力は2mT程度に減少します。

同じ状態で測った場合、一般的なスマートフォンに使われている磁石の表面磁束密度と近い数値です。

目安としてスマートフォンを使って異常が無い様でしたらば、製品をお使っても問題

は無いと考えています。

ただ、磁力に影響を受けるセンサー感度に左右されるものなので、すべての電子機器の動作の保証はできません。

 

Q:耐荷重はどれくらい?

A:ベース部分については100㎏。ベルト取り付け部分については20㎏になります。

 ご購入いただいたお客様からのお言葉

 

Amazonで購入
 
Amazonで購入早期レビュー
これまでP社のキャプチャーを使用していたが、
カメラを外す際にはボタンを押して解除する必要があった。
そのため咄嗟の撮影時にはシャッターチャンスを逃すシーンもしばしば。
本商品にはそのような手間が不要なので、スムーズにカメラを構えることが可能になり、
撮りたい時に即座に撮影することができる。
 

 

 

 

 

 

開発者の言葉

 

 インダクションキャッチについて最後までお読みいただきありがとうございます。

この商品は私のバイクで日本一周した時の苦い体験から産み出されたものです。

 

旅やツーリングにトレッキングなどフィールドで、撮りためた感動を不用意に落下させてしまうリスクから守りたい為に作ったアイテムです。 

 

不思議なご縁で、開発にあたっては多くのプロカメラマンや過酷な環境で使えるかなど警察や陸上自衛隊の特殊部隊の方など多岐にわたる方からご意見を参考にさせて頂きました。

 

過酷なプロの為の商品ではなく、使い勝手が良いがプロスペックとして通用する商品を目指してますので、日常から冒険までカメラの頼れる相棒としてお使い頂ければ幸いです。

 

 ご購入はこちらからよろしくお願いします。

 

 

 


インダクション キャッチタイプC 公式動画