Shooting in the field

カメラホルスターを使っての撮影アイテムとフィールドの紹介

カメラ初心者には基礎が大事 撮る写真はカメラ任せな私がメーカー主催のフォトスクールに参加してきました(LUMIXフォトスクール)2020年 2月

LUMIX使いこなし講座『基礎編』

 

旅でも遊びでもカメラを持って行かなかったことが無い私ですが、撮影の殆どがカメラ任せのモノでした。

 

そこで、今回は

メラ任せの記録のような写真ではなく、自分でこんな写真を撮りたい!!

 

自分の意志でイメージした写真が撮れるように、今更ですが基本を学ぶためメーカー主催のフォトスクールに参加する事にしました。

 

以前にも一念発起し、大量の初心者マニュアルを買いあさり頑張ってみたのですが・・・

 

  • 撮りたい物事にマニュアルを読むが、その都度設定の数値が違うため覚えきれない
  • 本に掲載しているカメラが持っているカメラと違うため操作が分かりにくい・・
  • 家で本や動画を見て納得はするがいざ現場で何をどうすればいいか忘れてしまう・・

主にこんな理由で、カメラ任せの写真に頼っていました。

(でもまぁ、それでも満足のできる写真が撮れちゃうから日本のカメラの技術は凄いなぁ)

 

 

 

今回はLUMIXさんのホームページからLUMIXフォトスクールを申し込みました。

 

コムロミホ今回の指導して頂くのはコムロミホ先生です。

 

 何冊も本を出されていて、初心者に分かりやすい説明をして頂けると定評のある先生です。

 

こういう写真てどう撮るの? (上達やくそくBOOK)

こういう写真てどう撮るの? (上達やくそくBOOK)

 

 

 

場所は南森町の会議室です。

 

今回の参加者の年齢層は少し高めでしたが、 スクールの内容によっては若い方の参加も多いそうです。

 

なんでもそうですが基礎は大事ですが、身近にいる人に教えて貰ってもメーカや機種が違うと同じ基礎なのに上手く伝わりません。

 

今回のセミナーはメーカー主催ですので皆LUMIXカメラです。

これが良くて、先生もサポートスタッフの方もLUMIXのプロですから、丁重に分かりやすく、実際に自身が使っているカメラで説明してもらえるので分かりやすいです。

 

これが本でしたら違う機種だから分からないと、すぐに挫折していましたよ。

スクールの流れは

レジュメを使い説明→参加者実践→不明点をサポート→次のポイント

の流れで進みます。

f:id:oyabi--n:20200217140937j:plain

 

どなたも初心者ですので気軽に手を上げてサポートを受けられるし

少数の参加者が全員理解するまで待ってから、次へと進む流れですので分からないまま進むことがありませんので安心です。

 

私は理解するまで結構掛かる人なんで毎回、手を上げていましたが分かるまで丁寧に教えて頂きましたよ。

f:id:oyabi--n:20200217150225j:plainf:id:oyabi--n:20200217150232j:plainf:id:oyabi--n:20200217150245j:plain

同じモノを設定を変えるだけでこんなに違ったものになるのかと驚きです。


本を読み確認しながらだと理解に時間が掛かるため飽きてしまうのですが、先生がテンポよく引っ張ってくれますので写真が面白いと体感しながら前に進めます。

いやー楽しい!!!

 

スクールの価格は内容により違いますが今回は4500円程度です。

理解度で言うと本を数冊買いこんでいた時より遥かに理解出来ました。

学んだことを家に着くころには忘れていても、買い置きした本がその時ヒントになり、思い出せるのでもっと早く受けておけば良かったと思ってます。

 

自身のカメラが少しずつ分かってくると、今度は試したくなるもの、次回のスクールでは教えて貰った事を活かし、外に撮影にでます。

 

LUMIX使いこなし講座『基礎実践編』

 

をお楽しみに。